【ドローイン・クランチ】腹筋上部と腹横筋を鍛えて便通改善も!

 


解説

腹横筋、腹筋上部などを鍛えるトレーニングで
ドローイン・クランチです。

腹横筋は便通にも関わってくるので
筋トレで改善できる場合があります

ドローインしながらクランチをすることで。 
インナーマッスルと上側の腹直筋に効かせることが出来ます

普通のクランチよりも、負荷は上がり難しくなります
効かせ方としては、息を吐きながら起き上がったところで
キープ出来るといいです

手の位置は、頭でも、お腹でも、横でも大丈夫です。
目線はおへそを見る感じで

クランチが簡単になってから始めるといいですね。
ドローインに慣れた方や、飽きた方などにもお勧めです

注意点はお腹を凹ませることを意識することです。
そうしないとただのクランチになってしまうので。
 


やり方
仰向けになって、膝は立てた状態から
息を吸って、吐きながらお腹をへこまし、起き上がる
出来れば同じ状態をキープする。



目標回数とセット数

10回ほど×2~3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

これが簡単になったら

キープし、キープする時間を長くする

注意点

息を止めて行わないこと
お腹はへこませることを意識
息を吐きながら起き上がる


スポンサーリンク

テーマ : トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【トゥタッチ・クランチ】脚を上げ爪先にタッチし、腹筋上部を鍛える!




解説

腹筋上部を鍛えるトレーニングで、
トゥタッチ・クランチです。

脚を垂直に上げて、爪先にタッチするように
クランチをする事で、腹筋の上側の筋肉に効かせることが出来ます。

厚めマットを使うと背中は痛くならないです
ゆっくり行ってもいいし、回数で追い込んでもいいです

腹筋を意識できるなら、反動をつけてやってもいいです。
ゆっくりやるなら、下げるときにゆっくり下げて、力を入れましょう

腹筋種目の最後に、追い込みとして入れてもいいですね。



やり方
仰向けになり、脚を垂直に上げ
爪先にタッチするように、上げ下げする



目標回数とセット数

10回~20回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分で

これが簡単になったら

ゆっくり行う

回数で追い込む

ダンベルなどを使う

注意点

息を止めて行わないこと
腹筋の上側を意識する
爪先にタッチする



スポンサーリンク

テーマ : トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

Author:コウダイ
筋トレブログへようこそ!
筋トレ初心者の管理人が
基本的に自重で
運動したことがない
運動神経がない
やり方がわからない人でも
出来るように解説する
筋トレBLOGです。

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ





スポンサーリンク
リンク
人気ページランキング
                ブログパーツ