【内側の筋肉も作る】ダンベル・ベンチフライで大胸筋の筋トレ


 

解説

大胸筋中部などを鍛える鍛えられる筋トレで、
ダンベル・ベンチフライです

特に胸の内側の筋肉も鍛えることができ、これも負荷は高いです。
前にも解説しましたが、ベンチプレスやフライにあって
腕立て伏せにないのは、可動域と負荷なので

短期間で効率よく大胸筋を筋肥大(大きくする)させたい場合は
ダンベルやバーベルなどを使用すると
比較的早く理想の大胸筋に近づけることができます

また、フロアフライは負荷は増やせても、トレの性質上 
可動域を確保することができないので、フロアプレス同様
物足りなくなったらベンチを使うことをお勧めします。

ベンチを使うことで、同じ重さでも負荷が違ってきたと感じると思います

大胸筋に効かせるコツは、
肩甲骨を寄せて、胸は張るように、肘は曲げて行う。

胸筋を意識しながら可動域を意識して、ストレッチさせるイメージで
内側に効かせる場合は、胸もダンベルも中央に寄せるようにしましょう

管理人はどちらかというと長いほうなのですが
腕が長い人は普通の人よりも、もう少し肘を曲げます。



やり方
ダンベルを持ち、ベンチに仰向けに体を倒す
胸を張り肩甲骨を寄せたら、肘を曲げながら下ろして
胸を寄せるように上げる



目標回数とセット数

18回~20回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分くらい

これが簡単になったら

ゆっくり行うか、負荷を増やす

注意点

息を止めて行わないこと
下ろすときなど弧を描くように
大胸筋を意識
肩甲骨は寄せて胸は張るように

 
スポンサーリンク

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

【La・VIE】ハンドグリップ ヒーローズ 50kg のレビュー

La・VIE(ラ・ヴィ)ハンドグリップ ヒーローズ 50kg 3B-4156を買ったのでレビュー

ハンドグリッパーの購入は2回目です。

以前は40kgのものを買いました。その時は使用回数が書いてあったのですが

限度を超えて使ったため、調子が悪くなってしまいました

というわけで画像から

パッケージは

プラネットウェーブス ハンドトレーナー と同じような感じです 

ラビイハンドグリッパー50キロのパッケージ

 
続いて斜めから


ラビイハンドグリッパーを斜めから


内側も撮りました。内側はギザギザは無いです。


50キロのグリッパーの内側


横からも


ラビイハンドグリッパーを横から


そして前に買ったハンドグリッパーと比較

左が50kgで、右が40kgです。


40キロのグリッパーと比較


感想は意外と大きいなと感じた。以前使っていたものと比べてですが

サイズがサイズなので、手も大きくないと難しいかもしれない

男性の平均的な手の大きさであれば大丈夫だと思います。

握りやすさはいいです。フィットする感じ。ただ手のひら側が痛いと

感じる方はいるかもしれない、管理人は基本的に手の皮が薄い方

なのですが、自分は痛く感じませんでした。どうしても痛いという方は

手袋をするといいかと思います。参考までに。

滑りやすさですが、比較的滑りやすい。汗をかいていると

すべってしまうこともありそうです。事前にタオル等で汗を拭いておくことで

予防は出来ます。少し使った感想ですが、耐久力はありそうです

次に硬さですが、結構硬い!管理人は握力をあまり鍛えてない

ので感じました、ウエイトトレーニングをやっている方や、スポーツ選手でも

意外とない方がいるくらい、意外と鍛えられないのが握力です

成人男性の平均握力は50kgくらいなので、興味がある方は

試してみても良いかもしれません。


スポンサーリンク

テーマ : お役立ち情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

Author:コウダイ
筋トレブログへようこそ!
筋トレ初心者の管理人が
基本的に自重で
運動したことがない
運動神経がない
やり方がわからない人でも
出来るように解説する
筋トレBLOGです。

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ





スポンサーリンク
リンク
人気ページランキング
                ブログパーツ