筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2012 09/30

プッシュアップバーを使った腕立て伏せで大胸筋を鍛える!

 


解説

プッシュアップバーを使ったプッシュアップです(腕立て伏せ)

プッシュアップバーを使うと、体をより沈みこませることができるので
大胸筋に効きます。普通の腕立てよりも負荷は高いです。バーの向きに
よって大胸筋の効き方も変わります

管理人は 
トータルフィットネス(TotalFitness) プッシュアップバー STT020 
この安いプッシュアップバーを使ってます

プッシュアップは手幅を変えると、効かせたいターゲットが変わります。
手幅を肩幅より広く取ると胸に(大胸筋)手幅を狭くすると二の腕(三頭筋)に効きます

やり方
プッシュアップバーを握り、伸ばした状態から
体を上げ下げする
 

目標回数とセット数


一回も出来なくなるまで続けてインターバルを入れて×3セット


インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

これが簡単になったら

ゆっくりやると負荷が上がる

注意点

息を止めて行わないこと
体をまっすぐにしてお尻を上げすぎない下げすぎない


関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

プッシュアップバーを使った腕立て伏せで大胸筋を鍛える!

スレッドテーマ : トレーニング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「トレーニングの考え方!筋トレ初心者でどの種目も1回が出来ない人へ

BEFORE「シットアップベンチを使ったシットアップで腹筋上部と腸腰筋を鍛える

Top