筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2012 10/05

【バック・エクステンション】背中の筋肉の脊柱起立筋を鍛える




解説

背中のトレーニングで、バックエクステンションです。
うつ伏せの状態から体を反らせることで、
脊柱起立筋をピンポイントで鍛えることができます。

脊柱起立筋は背中の真ん中を通ってる筋肉で、
姿勢を正す効果があります。
猫背の方におすすめの筋トレです。

猫背の方は腹筋や背筋の筋力が弱いので
腹筋とあわせてよく鍛えてください。

自重だとすぐ慣れてしまいますが、3セット~5セット終わったあとに
反らした状態で静止することで、背中に効かせることが出来ます。

イメージとしてはエビ反りです。手と足は浮かせた状態で行います。
負荷は高くはないです。回数で追い込みます。 
応用で、ツイスト・バックエクステンションという種目もあります。 
また、バランスボールを使うとボール・バックエクステンションになります 


やり方
うつ伏せになり上半身と足を
床から離し、上げて下げる



目標回数とセット数

1回もできなくなるまで続ける×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

これが簡単になったら

3セット行い最後に反らした状態で1分静止

注意点

顔や胸の上部と脚を床に付けないようにする(力が抜けてしまうため)
脚は上げ過ぎないようにする


関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【バック・エクステンション】背中の筋肉の脊柱起立筋を鍛える

スレッドテーマ : フィットネス・トレーニング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「チンニング(懸垂)の手幅やトレの間隔、サムレスグリップについて!

BEFORE「【レッグレイズ】脚を上げ下げすることで腹筋下部と腸腰筋を鍛えられる!

Top