筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2014 04/30

【クラッピング・プッシュアップ】胸にもっと負荷を!大胸筋中部を鍛える

 


解説  

大胸筋中部を鍛えられるトレーニングで、
クラッピング・プッシュアップです。

スタートポジションから身体を浮かせ
胸の前でタッチし、そのまま腕立て伏せをすることで、
胸の筋肉の中部を鍛えることが出来ます。

普通の腕立てでも大胸筋は鍛えられれるのですが、
負荷が強いわけではないので、自重で鍛えたい場合は
工夫したり、負荷が強い種目を取り入れたりする必要があります。

プッシュアップの負荷に慣れた方や、加重はしたくない方
短時間でを限界まで追い込みたい方に向いています。

これが難しい時は、普通のプッシュアップが簡単になってから
始めるといいでしょう。この種目は負荷が強めです。


やり方
スタートポジションから、身体を浮かせて両手をタッチし
プッシュアップを行う。


目標回数とセット数

10~20回×3セット

インターバル(休憩時間)
 
インターバルは1分くらい

これが簡単になったら

ゆっくり行う

注意点

使っている筋肉を意識する
息を止めて行わないこと 
手首が痛くなったら行わない



スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【クラッピング・プッシュアップ】胸にもっと負荷を!大胸筋中部を鍛える

スレッドテーマ : トレーニング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「懸垂で腹筋は鍛えられる?懸垂で使われる筋肉と腹筋を使う方法

BEFORE「前鋸筋と小胸筋とは?大胸筋に関係あるの?簡単解説と鍛えられる種目

Top