【柔軟性も上がる筋トレ!】肩甲骨を意識し前鋸筋を鍛える腕立て伏せ

コウダイ

-
 


解説

前鋸筋という大胸筋の下のインナーマッスル
を鍛えることが出来る腕立て伏せです。

肘は伸ばしたまま、曲げずに肩甲骨を寄せるように
上げ下げすることで前鋸筋に効かすことが出来ます。 

肘は曲げないので難しくはなく、
どちらかと言うと簡単な方の
筋トレ種目になると思います。

しかし、体が固い方は、効かせ方が分かりづらい
プッシュアップなので、

動画を観ながら意識して練習していくと、
コツもわかるようになり、
次第に出来るようになります。

肩甲骨を動かせる感覚が分かるようになれば
動かせなかった時よりも、肩周りの柔軟性も上がっています。



やり方
腕立て伏せの状態から、肘は曲げずに伸ばしたまま
肩甲骨を立てるように上げ下げする。



目標回数とセット数

10回~20回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

注意点

息を止めて行わないこと
肘は伸ばしたまま
肩甲骨は寄せるようなイメージで
勢いをつけてやらない



スポンサーリンク


オススメ記事
Posted byコウダイ