筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

筋トレブログへようこそ!基本的に自重 、器具は最低で運動したことがない 、運動神経がない、やり方がわからない人でも 出来るように解説する 筋トレBLOGです

2012 10/10

【逆三角形の背中を作る】順手ワイドグリップ・チンアップ




解説

広背筋のトレーニングで、
順手ワイドスタンス・チンニングです

順手ワイドスタンスで体を上げて下げることで、
ノーマルスタンスのときとは違った広背筋、大円筋、
などを鍛えることができます。

最初は2回から3回ぐらいしか出来ないと思いますが
筋力がついてくると、それ以上出来るようになります

ワイドグリップは広背筋に効きやすいです。
広背筋を鍛えることで、逆三角形の体になります

手幅は肩幅より拳1個から2個です。

最初は握って行なってもいいですが、
サムレスグリップでやると
より広背筋へ効かせることができます。

難易度は順手では三番目で一番難しい。


やり方
チンニングスタンドの前に立ち
肩幅より拳1個から2個の所で握り
体をゆっくり引き上げ、ゆっくり下げる



目標回数とセット数

1回もできなくなるまで続け×3セット
 
インターバル(休憩時間)

インターバルは1分で

10回できたら

そのまま回数を続けてもいいし
加重してもいい


注意点

広背筋を意識して行う
息を止めて行わない
肘や上腕が痛い時はやらない

関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【逆三角形の背中を作る】順手ワイドグリップ・チンアップ

スレッドテーマ : トレーニング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「【ダイヤモンド・プッシュアップ】自重で上腕三頭筋を鍛える!

BEFORE「【肩幅と同じくらいの懸垂】順手ノーマルスタンス・チンアップ

Top