【バランスボール・ヒップリフト】体幹部の筋トレでも負荷を!

コウダイ

-



解説

大殿筋、下腿三頭筋、ハムストリングス
などを鍛えられる筋トレで、

バランスボールを使った、ヒップリフト。
お尻や太ももの筋肉などがターゲットです。

これが難しい場合は、平らな場所でやる 
ヒップリフトから始めてみましょう

負荷が高いシングルレッグ・ヒップリフトよりも、 
負荷が高く、平衡感覚も要求されます
なので、体幹を鍛えるトレーニングとしても使えます

腰が痛い場合は避けたほうがいいでしょう
勢いをつけずに行います

これが簡単という方は片足を上げてやると
負荷はさらに高くなります



やり方
足幅は肩幅くらい、仰向けの状態で
ボールに脚をのせる、両手は横にし
お尻を上げて、下げる



目標回数とセット数

15~20回×2~3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

これが簡単になったら

持ち上げた時、数秒静止する

ゆっくりやる

注意点

息を止めて行わないこと
お尻の筋肉を意識する
反動をつけて行わない
持ち上げた時体は一直線に

 
スポンサーリンク


オススメ記事
Posted byコウダイ