筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

筋トレブログへようこそ!基本的に自重 、器具は最低で運動したことがない 、運動神経がない、やり方がわからない人でも 出来るように解説する 筋トレBLOGです

2015 11/30

【内側の筋肉も作る】ダンベル・ベンチフライで大胸筋の筋トレ


 

解説

大胸筋中部などを鍛える鍛えられる筋トレで、
ダンベル・ベンチフライです

特に胸の内側の筋肉も鍛えることができ、これも負荷は高いです。
前にも解説しましたが、ベンチプレスやフライにあって
腕立て伏せにないのは、可動域と負荷なので

短期間で効率よく大胸筋を筋肥大(大きくする)させたい場合は
ダンベルやバーベルなどを使用すると
比較的早く理想の大胸筋に近づけることができます

また、フロアフライは負荷は増やせても、トレの性質上 
可動域を確保することができないので、フロアプレス同様
物足りなくなったらベンチを使うことをお勧めします。

ベンチを使うことで、同じ重さでも負荷が違ってきたと感じると思います

大胸筋に効かせるコツは、
肩甲骨を寄せて、胸は張るように、肘は曲げて行う。

胸筋を意識しながら可動域を意識して、ストレッチさせるイメージで
内側に効かせる場合は、胸もダンベルも中央に寄せるようにしましょう

管理人はどちらかというと長いほうなのですが
腕が長い人は普通の人よりも、もう少し肘を曲げます。



やり方
ダンベルを持ち、ベンチに仰向けに体を倒す
胸を張り肩甲骨を寄せたら、肘を曲げながら下ろして
胸を寄せるように上げる



目標回数とセット数

18回~20回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分くらい

これが簡単になったら

ゆっくり行うか、負荷を増やす

注意点

息を止めて行わないこと
下ろすときなど弧を描くように
大胸筋を意識
肩甲骨は寄せて胸は張るように

 
関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【内側の筋肉も作る】ダンベル・ベンチフライで大胸筋の筋トレ

スレッドテーマ : 肉体改造・ボディメイキング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「【ブルガリアン・スクワット】自重でベンチを使って下半身を鍛える

BEFORE「【La・VIE】ハンドグリップ ヒーローズ 50kg のレビュー

Top