筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2016 05/31

【三角筋後部をピンポイントで】シーテッド・ベントオーバーリアレイズ




解説

三角筋後部を鍛える筋トレで、ベンチなどを使った
シーテッド・ベントオーバーリアレイズです。

名前のとうり、座って行う筋トレ種目です。
ダンベルなどを使います。僧帽筋にも効きます。

逆立ち腕立てでも完璧に鍛えきれないので、重りを使って
トレーニングしましょう。最初は感覚がつかみきれないと思うので

軽いウエイトから始めましょう。フォームの確認もそうですし、
最初から重い重さは怪我もしやすいと思うので

この種目は高重量を扱うことはできないので
注意しましょう。重いウエイトになってくると

反動を使いがちになりますが、なるべく使わないようにします
最後の数回近くになってきたら、
追い込みとして反動つけても大丈夫です。

基本的なやり方はリアレイズと同じです。
ほとんどの種目でそうですが、
目線はそのフォームで見えているところを見るように。



やり方
ダンベルなどを持ち、ベンチなどで座り、
体を前に傾け、肩の後ろ側を意識して、
そのまま後方に引き上げ、下げる。



目標回数とセット数

15回~18回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分。

これが簡単になったら

重量を上げる

注意点

最初から無理はしない
息を止めて行わない
ダンベルは掌が向かい合うように
後ろの肩の筋肉を意識する

 
関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【三角筋後部をピンポイントで】シーテッド・ベントオーバーリアレイズ

スレッドテーマ : 肉体改造・ボディメイキング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「【上級者の自重最強の腹筋】高負荷なドラゴンフラッグのやり方

BEFORE「【体幹も引き締めも1分間でOK】バランスボールを使って横腹を鍛える

Top