筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2016 08/03

【ダンベル・ネック・フレクション】首の筋肉で胸鎖乳突筋を鍛える

 


解説

胸鎖乳突筋などを鍛えられる、ネック・フレクションです。
今回解説するのはダンベルなどを使ったものです。
タオルや自分の手を使ってやることもできますが

コントロールしやすいので、このタイプを解説します、
フラットベンチなどがあると、尚いいです。 
はじめに注意点があって、首は大事な部分なので

無理はしない、高重量は扱わない、毎日はやらない
この3つを守りましょう。怪我をすると日常生活に
支障をきたします。自重のネック・フレクション
簡単になったら始めるといいでしょう。

首を鍛えるメリットはいろいろありますが、
基本的に頭は重たいので、首が細いと
頭をぶつける事故などしたときに、
怪我をしやすい、肩がこりやすいとか

上級者向けのトレーニングなので、ある程度出来る人が、
首が細くてバランスが悪い時など、時間が出来た時に
やるのがいいでしょう

首の後ろを鍛えるときは、ネック・エクステンション 、
横はサイドネック・フレクションという種目があります。


やり方
ベンチなどの上で仰向けになり、ダンベルやプレートを持ち
首の筋肉を使って、上げ下げする、




目標回数とセット数

最初は出来る範囲~2セットくらい

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分くらい

注意点

高重量は扱わないで、軽い重さから
毎日は行わない
無理はしない
上げるときより、下げる時間を長めに
息を止めて行わないこと

関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【ダンベル・ネック・フレクション】首の筋肉で胸鎖乳突筋を鍛える

スレッドテーマ : 肉体改造・ボディメイキング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「ALINCO 腹筋補助器具 ABサポート EXG043のレビュー

BEFORE「【バック・プランク】バランスよく鍛えて猫背改善に効果

Top