筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2017 02/14

【器具を使った斜め懸垂】限界まで追い込みたい人にお勧め



解説

懸垂スタンドという器具を使ってできる、斜め懸垂を解説。
 
バーを使って上げ下げすることで、背中の筋肉や腕の筋肉
などを鍛える事が出来ます。主に広背筋と脊柱起立筋
になります。

チンニングが出来ない初心者向けのトレーニングです。
なので負荷は軽めです。この種目が簡単に
なったらチンニングに挑戦してみてもいいでしょう

そして、懸垂が出来る方も追い込みとして使えます。
チンニングを行った後、もう体が上がらないところから
限界まで追い込めます。トレーニングの間隔は、

筋肉痛になっていなければ次の日も行っても大丈夫
ですが、肘が痛いときは休みましょう。

注意点は、脚の力を使って使って上げない。
腕で引かない。なるべく反動を使って上げない。
両足はくっつけて行う。体は一直線になるように。



やり方
チンニングスタンドに背を向けバーを握る
体は一直線になるようにして体を下げる
背中の力と腕の力で上げてまた下げる。



目標回数とセット数

15回から18回~3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分で

注意点


関節が痛いときはやらない
息を止めて行わないこと
勢いをつけて行わない
背中は一直線になるように
無理はしない
背中を意識する


関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【器具を使った斜め懸垂】限界まで追い込みたい人にお勧め

スレッドテーマ : フィットネス・トレーニング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「【ボール・チェストプレス】大胸筋の内側と脊柱起立筋を鍛える

BEFORE「【FitnesStyle】首を太くするヘッドハーネスのレビュー

Top