筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2012 11/01

【ダンベル・サイドレイズ】肩まで上げることで三角筋中部を鍛える!

   

解説

ダンベルを使った肩のトレーニングで、
サイドレイズです。

肩の力を使ってダンベルを肩まで上げ下げすることで、
三角筋中部と僧帽筋に効きます。

肩幅を広くしたいときに有効な種目です。

反動を使うと効果が半減するので、
反動を使って上げないようにしますが
最後の方は反動を使って追い込みます。

最初は軽いダンベルで行います。
(フォーム確認のため)

やってみるとわかると思いますが、
あまり高重量を扱える種目ではないです。


やり方は
足は肩幅、立った状態で背筋を伸ばし
両方にダンベルを持つ、腕を肩の高さまで
ゆっくり上に上げてゆっくり下ろす



目標回数とセット数

15回~20回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

これが簡単になったら

20回が簡単になったら重さを上げる

注意点

息を止めて行わないこと
肩(三角筋)を意識する
勢いをつけてやらない


関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【ダンベル・サイドレイズ】肩まで上げることで三角筋中部を鍛える!

スレッドテーマ : トレーニング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「【ダンベル・シュラッグ】肩で上げることで僧帽筋上部を鍛える!

BEFORE「【ダンベル・ハンマーカール】上腕二頭筋だけでなく前腕屈筋群も鍛える

Top