筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2012 11/27

【ニートゥーチェスト】膝を引き寄せることで腹筋下部、腸腰筋を鍛える!




解説

ニートゥチェストは腹筋下部、腸腰筋を鍛える種目です。
脚を胸まで引き寄せることで腹筋の下側と大腰筋も
鍛えることができます。

脚は胸に引き寄せ体を丸める感じで
行います。脚は床に付けると負荷が
逃げるので、浮かせた状態で行います

よく動かす部分には脂肪はつきにくいので
下っ腹の脂肪を落としたい場合は
下腹部の腹筋を積極的に行うといいでしょう。

バランスボールを使うと負荷が高い
ボール・ニートゥチェストになります 


やり方は
手はお尻の後ろ側へ
上体を起こした状態で
足を胸に引き寄せて離します

 


目標回数とセット数

30回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

これが簡単になったら

1分間連続でやる
ゆっくりやる


注意点

息を止めて行わないようにする
腹筋下部を意識して行う



スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【ニートゥーチェスト】膝を引き寄せることで腹筋下部、腸腰筋を鍛える!

スレッドテーマ : フィットネス・トレーニング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「【膝つきダイヤモンド・プッシュアップ】二の腕引き締めエクササイズ

BEFORE「筋力アップ、筋肥大、筋持久力、インターバルの目的と調整

Top