【クロス・シザーキック】交差させることで腸腰筋と腹筋下部を鍛える

コウダイ

-



解説

腸腰筋(大腰筋も)と腹筋下部の筋トレで、
クロスシザーキックです。

脚を浮かせたまま、交互にクロスさせることで、
インナーマッスルと下腹を鍛えることができます 

クロスシザーキックはシザーキックの応用なので
これが難しいときはシザーキックを先にやりましょう。
クロスシザーキックに慣れたら1分間集中的に行います

腹筋下部はいろんな種目を組み合わせると
同じ方向からやるより効くので効果的です。

同じ下腹トレでも、種目によって効くところが違うので
色々試してみるといいでしょう


やり方は
マットなどを敷いて、状態を起こした状態で肘を床につけ
脚は床から離すように上げ、そのまま脚を交互に交差させる



目標回数とセット数

20回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

これが簡単になったら

1分間連続で行う

注意点

息を止めて行わないこと
勢いをつけてやらない
 


スポンサーリンク


オススメ記事
Posted byコウダイ