筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2013 02/12

【ダンベル・リアレイズ】肩の後ろで上げて三角筋後部を鍛える!

 

解説

リアレイズは三角筋後部を鍛える筋トレ種目です。
ダンベルを持ち、膝を少し曲げて前傾させた状態から

肩の力を使って肩までダンベルを上げることで、
三角筋後部をピンポイントに鍛えることができます。

三角筋以外だと僧帽筋や背中の筋肉も使います。

基本的に反動は使わないようにしますが、
トレーニング後半は反動を使って鍛えましょう。

最後のほうで使うことでしっかり追い込むことができます。
肩の後ろを常に意識して行うと効果的です。

やり方
足は肩幅くらい
ダンベルを両方に持ったら、膝を少し曲げて体を前傾させる
腕の力は使わず肩の力(肩の後ろ)を使って上に上げます
肘が肩の高さまで来たらゆっくり下ろします

目標回数とセット数

20回×3セットで行う

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

注意点

高重量を扱わないこと
息を止めて行わないように


スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

【ダンベル・リアレイズ】肩の後ろで上げて三角筋後部を鍛える!

スレッドテーマ : トレーニング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「マッスルメモリー(筋肉記憶)を知って無理なく筋トレをしよう!

BEFORE「簡単なアイソメトリックストレーニング(静止運動)で筋力アップ

Top