筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2013 03/04

知っているようで意外と知らない?有酸素運動と無酸素運動を解説!

無酸素運動をする男性

 

有酸素運動



有酸素運動とは、軽く息切れするくらいの酸素を取り込む運動です。

負荷は軽く、目安はちょっとした会話ができるくらいです
この運動では脂肪を直接燃やすことができます。

有酸素運動は初めてから20分で体脂肪が燃え始めます。

なので体脂肪を燃焼させたいときは20分以上、有酸素を行います。

なぜ、20分からなのかというと、20分までは糖質が使われて

糖質がなくなると体脂肪が使われ始めるからです。
(実は体脂肪もエネルギー源なのです)

基本的にこの運動では同じペースを保ったまま行います。

無理なく続けるコツとして

最初は短くていいので、10分くらいを2週間続けていき

2週間たったら20分~30分出来るようにします。


無酸素運動

 

無酸素運動とは、ゼエゼエと息が苦しいほどの

負荷が強い運動です。有酸素運動でも強度を上げれば
無酸素運動になります。記事topの画像がこれにあたります。

無酸素運動も糖質をエネルギー源として使いますが、
エネルギーとしてたまった体脂肪はあまり使いません。

しかし無酸素運動(筋トレ)は筋肉がつくことで、基礎代謝が上がり

間接的に体脂肪をもやしてくれます。効率よく体脂肪を無くしたい
ときには無酸素運動も必要なのです

無酸素運動(筋トレ)は15分以上出来ればいいと思います。

関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

知っているようで意外と知らない?有酸素運動と無酸素運動を解説!

スレッドテーマ : 肉体改造・ボディメイキング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「【ダンベルリバース・リストカール】手首で上げることで前腕を鍛える!

BEFORE「【ダンベル・リストカール】手首で巻き上げることで前腕を鍛える!

Top