筋トレ初心者が初心者目線で解説するBLOG

2013 03/12

骨密度が低いと筋肉がつきにくい?意外と知らない筋肉と骨密度の関係

骨との関係性

 

筋肉と骨密度って関係あるの?



筋肉のつきやすさには個人差がありますが 

骨密度が低い人で、筋トレしてもつきにくいと感じたら 

密度を上げることで筋肉がつきやすくなる場合があります。 

なぜ、骨密度なのかというと、筋肉は骨の上についていて

骨がしっかりしていることで筋肉が大きくなるからです。

つまり、筋トレや運動をすることで骨に刺激がいき

栄養もとることで骨密度が高くなり

骨密度が高くなることで筋肉がつきやすくなります。

その他にも、骨が弱いと筋トレや日常生活でも怪我をしやすくなります。


骨を丈夫にする栄養素は



ビタミンD



日光にあたることで体内でビタミンDを作ってくれます。

あまり日光に当たれない、もしくは当たるのが嫌だという人は

ビタミンDのサプリメントでとるといいです。

食品にもビタミンDが含まれています(少量ですが)


タンパク質



骨を作るのはタンパク質です。しっかりとるようにします。

食事で1日分のタンパク質がとれていないときは、

プロテインで不足分をとることが出来ます。


カルシウム

 

骨を強化するのはカルシウムです。代謝に必要なビタミンDやKを摂取する 

ことで吸収を良くすることが出来ます

主に食品やサプリメントで取ります

消化できるのならば牛乳が手軽にとれます 

 
関連記事

スポンサーリンク


オススメ記事

この記事と関連する記事

骨密度が低いと筋肉がつきにくい?意外と知らない筋肉と骨密度の関係

スレッドテーマ : トレーニング ジャンル : ヘルス・ダイエット

(-)TB(-)

AFTER「【シングルレッグ・ヒップリフト】自重のヒップリフトにもっと負荷を!

BEFORE「【ダンベル・フレンチプレス】後ろで上げ下げすると上腕三頭筋を鍛える!

Top