【シングルレッグ・ヒップリフト】自重のヒップリフトにもっと負荷を!

コウダイ

-



解説

大殿筋とハムストリングスの 
筋トレで、シングルレッグ・ヒップリフトです。

仰向けになった状態から、
片脚は上げたままお尻を上げることで
お尻の筋肉と太ももの裏側をさらに鍛えることができます。

シングルレッグ・ヒップリフトは少し負荷が強いので 
普通のヒップリフトが簡単になったら始めます。

このトレーニングは、ハムストリングスに強く効きやすいです。
おしりを上までしっかり上げることで、大殿筋にも効かせることができます。

足は曲げて行なっても問題ないです。 

初心者は足をまっすぐあげられないのと
片足を床から上げることのほうが重要なので
 


やり方
仰向けになり、手の位置は体の横で
片足を床から離し上げる
この状態からおしりを上げ下げする



目標回数とセット数

片足ずつ20回行い×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分で

これが簡単になったら

この筋トレの後に普通のヒップリフトを行う

注意点

勢いをつけてやらない
負荷は強めなのでこのトレーニングではお尻を床に下ろしてください


スポンサーリンク


オススメ記事
Posted byコウダイ