【サイド・プランク】手軽にできる筋トレで腹斜筋を鍛える!

この記事は約1分で読めます。

解説

体幹のトレーニングで、サイド・プランクです。
自重で腹斜筋に効かせることが出来ます。

肘は肩の下くらい、横になった状態から肘を使って
体を支え、バランスをとることで腹筋の横が鍛えられます。

この種目は、両腕を使ったものと、サイドプランクがあるので
フロントプランクと一緒にやっても効果はありますし

アイソメトリックスとしてサイドベントなどの後に行えば

横腹の筋肉をもっと追い込めます。 
肘が痛くならないように、下にマットなどを敷くといいです。
簡単になったらバランスボールを使ったサイドプランクもあります。

やり方
横に体を倒し、肘で支えるようにバランスをとる
その状態から体を床から離して
肘と足でバランスをとリ1分間維持する

目標回数とセット数

このトレーニングでは、体は一直線のまま1分間静止します

インターバル(休憩時間)
 
インターバルは1分

これが簡単になったら

2セット~3セットやってみる

注意点

体はブレずに一直線の状態を意識する
きつくても息を止めないように
 

腹斜筋の筋トレ
スポンサーリンク
koudaiをフォローする
筋トレ成功者が初心者目線で解説するBLOG