【フロント・レイズ】斜め前にチューブを使い三角筋前部を鍛える!

この記事は約1分で読めます。

解説

三角筋前部を鍛えられるトレーニングで
チューブ・フロント・レイズです。   

立った状態で、足の裏にチューブを挟んで
斜め前に上げ下げすることで、

肩の前側の筋肉(特に側面)を鍛える事が出来ます

なるべく、反動は使わないで行いますが
最後のセットは使っても大丈夫です
しっかり追い込みます。

基本的にダンベルを使った、フロント・レイズ
変わらないです。 

背筋は伸ばした状態でやるのは他の種目と同じです。

やり方
立った状態から、足の裏にチューブを挟んで
前に上げ下げする

目標回数とセット数

20回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分で

これが簡単になったら

ゆっくり行う。

注意点

息を止めて行わないこと
肩の前の筋肉を意識する
背筋は伸ばし、胸は張った状態
前に物がないところで行う
なるべく反動を使わない

肩の筋トレ
スポンサーリンク
koudaiをフォローする
筋トレ成功者が初心者目線で解説するBLOG