【ボール・チェストプレス】大胸筋の内側と脊柱起立筋を鍛える

2017年02月17日
胸の筋トレ
  

解説

メディシンボールなどを使った、チェストプレスです。
バスケットボールのような物でも代用できます。
 
手幅を狭くした状態でボールを使って腕立て伏せを
することで、大胸筋や背中の筋肉などを鍛える事が
出来ます。ターゲットは主に大胸筋中央部と脊柱起立筋です。

自重ですが意外と難しいほうに入ります。バランスを
取らなくてはいけないので、体幹を鍛えることにもなりますね。

ボールの持ち方、左右の手のひらは離してくっつけない。
指はしっかり開きます。背中は丸めないよう注意します。
また、反り上がらないように気をつけましょう。

背筋は伸ばして内側の胸筋を意識します
動作の性質上、大胸筋の中心を使うことになるので

一回ずつ体を下ろすと負荷が逃げるので
なるべく続けて行うようにしましょう。



やり方
肩の真下にボールを置いて、手の平で両脇から
挟むようにつかみます。ボールを手で支えて
体を浮かせます。ゆっくり胸のところまで下ろして
一直線の状態を維持し、脇を締めて内側の
胸筋を絞るようにして、また上げるを繰り返す



目標回数とセット数

10回から15回~3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分。

注意点

息を止めて行わないこと
体は丸めない、反らない
背中は一直線になるように
胸の中央を意識する
ボールの持ち方にも注意



スポンサーリンク


オススメ記事
コウダイ
Posted by コウダイ