【首を鍛える筋トレで小顔効果も】自重のネック・フレクション

この記事は約3分で読めます。

この記事はこんな人向け

・重りを使わずに首の筋肉を鍛えたい
・小顔効果がある筋トレが知りたい。
・安全に首を太くしたい

どうも!コウダイです。

首を鍛えたいという理由はいろいろありますが、いざ首を鍛えたいと思った時、

情報が他の筋トレ種目に比べて少なすぎますよね。

初心者だとどれをどのくらいやったらいいか分からなかった。

なんてこともよくあります。この記事は初心者が首を鍛えるなら一番お勧めの方法です。

最初は重りを使わずに、自分の体重だけを使って首を鍛えていきましょう。

安全にトレーニングするための情報を書きました。

首を鍛えようかな?と迷っている方の背中を押します。

自重のネック・フレクションとは

首の筋肉の胸鎖乳突筋を鍛える種目に

自重のネックフレクションがあります。

首の筋肉を使い、頭を上げ下げする事で首の筋肉が大きく太くなります。

頭と首のバランスがよくなることで小顔効果も望めます。

自重なので太くなりすぎないです。

自重のネック・フレクションで鍛えられる筋肉の部位は?

胸鎖乳突筋などです。この種目は胸鎖乳突筋などを鍛える事が出来る筋トレで、

自分の頭の重さを使って首の筋肉を使って上げ下げすることで首を太くする狙いの筋トレです。

ネック・フレクションのポイント

前回はプレートを使ったネック・フレクションを解説しましたが

初心者向けではないと感じたので、この種目が簡単になったら

重りを使ってみるといいでしょう。具体的には頭にプレートなどを乗せて

上げ下げします。自重(自分の重さだけ)の場合はおへそを見るイメージです。

また動画では頭を出して行っていますが、

初心者は感覚が掴めないと思うので床でやってみましょう。

その際、出来るだけ頭は浮かせた状態で床に下ろさないようにします。

どうしてもキツイ時だけ下ろしても大丈夫です。

そして息は止めないようにします。膝は立てた状態で行うとやりやすいです

ネック・フレクションのやり方

単純に上げ下げだけだと負荷が軽いので、この種目が簡単になったら、

トレーニング前に首だけをを起こし、静止した状態をキープします。

目標は5分ですが、最初のうちは難しいので1分を目指しましょう。

徐々に伸ばして5分を目標にします。

・ネック・フレクションのやり方

STEP①:マットなどを敷いて、仰向けになり、
STEP②:腕は体の横に添えるようにし
STEP③:首の筋肉を使ってゆっくり起こしてゆっくり下げる

ネック・フレクションの回数・セット数と休憩時間

トレーニング初心者がネック・フレクションで、

首を鍛える時の目標回数とセット数やインターバル(休憩時間)

を説明します。

ネック・フレクションの目標回数とセット数

20回~40回×3セット

ネック・フレクションのインターバル(休憩時間)

インターバルは1分を目安に

1分で足りない場合は増やしても大丈夫

ネック・フレクションの注意点

注意点1:首の筋肉を意識する
注意点2:息を止めて行わないこと
注意点3:首が痛いときはやらない
注意点4:勢いをつけてやらない
注意点5:なるべく頭は床につけない
注意点6:首の筋肉を意識する

【首を鍛える筋トレで小顔効果も】自重のネック・フレクション|まとめ

・首の筋肉を鍛えているけどなかなか大きくならない。
・重りを使わずに首の筋肉を鍛えたい
・小顔効果がある筋トレが知りたい。
・安全に首を太くしたい

初心者が首の筋トレをするならまずこれ!

重りを使わないので安全だし、自分のペースで出来て少しずつ首が太くなるので安心。

太くなりすぎることもないし、もっと太くしたいなら重りを使えばいいだけなので。

ただ、首の筋トレなので無理は絶対にしないこと!

そこさえ注意すれば何も怖くないです。自重なら手軽にできるし。

男性は小顔効果を望めます。バリエーションも豊富なのでメニューに組み込んでみてはいかが?

首の筋トレ
スポンサーリンク
koudaiをフォローする
筋トレ成功者が初心者目線で解説するBLOG