【シザース】ハサミのように動かすことで腹筋下部と腸腰筋を鍛える!

この記事は約1分で読めます。

解説

腹筋下部と腸腰筋を鍛える種目で
シザースです。

足浮かせた状態から
、脚をハサミのように大きく動かすことで
腹筋の下部分とインナーマッスルを鍛えることができます。

脚は床に付けると負荷が逃げるので、
浮かせた状態で行います。
きつい時は両肘をついて、上体を起こしてやるといいです。

シザースは可動域が広いので、
使っている筋肉を意識しやすいです。
動きとしてはシザーキックが一番近く、
これが難しい時は

シザーキックが簡単になってから始めると
この種目がやりやすくなると思います。

ちなみに、ひねりを加えるとツイスト・シザースになります。

やり方は
床にマットなどを敷いて仰向けになり
手は頭に添えて、足はハサミを動かすように
脚を上下させる

目標回数とセット数

20回×3セット

インターバル(休憩時間)

インターバルは1分

これが簡単になったら

1分間連続でやる
ゆっくりやる

注意点

息を止めて行わないようにする
腹筋下部と腸腰筋を意識して行う
脚は床に降ろさない

腹筋下部の筋トレ
スポンサーリンク
koudaiをフォローする
筋トレ成功者が初心者目線で解説するBLOG