【FitnesStyle】首を太くするヘッドハーネスのレビュー

袋に入ったヘッドハーネスの写真筋トレ用品レビュー
この記事は約2分で読めます。

ヘッドハーネス 首 トレーニングを買ったのでレビュー。

ヘッドストラップとも言います。首を太くするのにウェイトと器具?

を使った方法があります。分かりやすく解説するために、実際に

買ってみてレビューすることにしました。後ほど解説します。では、

いつも通り画像から載せていきます。ビニールに入った状態。

もともと箱やケースがついていない感じでしょうか。

袋に入ったヘッドハーネス

とりあえず袋から取り出したところ。これで全部みたいですね。

ヘッドーハーネスの全体像

一つずつ拡大して撮影。カラビナ部分。これを下の画像のリングにはめる。

ハーネスのカラビナ

ここにカラビナをはめる。

ヘッドハーネスのリング

ハーネスベルト先端。これ下の画像の所に入れていく。

ハーネスベルト先端

頭を調節するベルト。実際にはめていく。

ベルトを止めるところ

通すとこんな感じになる。

ハーネスにベルトをとしたところ

金具を連結する前にプレートを通してました。これで準備は終わり。

ハーネスにプレートを通したところ

ヘッドハーネスの使い方はこちら 

自重のネック・エクステンションなどが物足りなくなってきた人向け

コストパフォーマンス重視で買いましたが。ちょっと不満点もありました。

タオルを使わないで試してみると、頭の深さが足りないんですよね。

頭からすっぽ抜けそうな時があって焦りました。後は耳の横にベルトが

擦れるかどうかなんですけど、トレ中に動いたりすると多少ありますね。

デザインは値段相応です。チープな感じが嫌だという方には合わないかと

思いますが、耐荷重量:20kgで意外と重いプレートなどにも耐えることが

出来ます。まだ試していませんが、40kgにも耐えたというレビューもある

みたいです。10kgまでしか対応していないヘッドストラップもあるみたい

なので、そう考えると値段の割にはしっかりしていますね。そしてタオルを

後ろで結んだ状態でヘッドハーネスを載せてトレーニングをしたところ、

タオルの結び目で引っかかって、落ちずに安定した状態でエクササイズ

できました。ちなみに写真のプレートは2,5kgですが物足りないので5kg

でやりました。これでも物足りないですが、今これしか手元にないので・・・

首を短期間で太くしたい場合には有効で効果的な筋トレです。